福岡100公式

人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市プロジェクト「福岡100」公式noteへようこそ。ここでは福岡ゆかりのクリエイターやタレント等、アクティブに活動する多彩な方々の福岡100プロジェクトの体験記やコラムなどを綴ります。「福岡100」WEBサイトもチェック!

福岡100公式

人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市プロジェクト「福岡100」公式noteへようこそ。ここでは福岡ゆかりのクリエイターやタレント等、アクティブに活動する多彩な方々の福岡100プロジェクトの体験記やコラムなどを綴ります。「福岡100」WEBサイトもチェック!

    最近の記事

    俳優/声優・株元英彰さんと考える「歯とお口のケア習慣」

    さわやかな笑顔が印象的な俳優・声優である株元英彰さん。今回は、日頃から魅力的な声づくりに気を配っている株元さんを迎え、口腔ケアにまつわる様々なお話を伺いました。薬院にある「絹子歯科クリニック.」院長の永原絹子先生にもご参加頂き、セルフケアのコツやアドバイスも交えてお届けします。 「歯の矯正」時代に身につけたこと −まず、株元さんがお仕事で大切にしていることは何ですか? 株元:一番は健康管理ですね。その次に「耳心地のいい声」を出せるよう常に心がけています。僕は役の個性を作

      • 岡澤アキラが実践!「進化系ウォーキング」のススメ

        皆さん、毎日歩いていますか?岡澤アキラです! 人生100年時代に向けた様々なアクションを提案、そして実践する福岡市のプロジェクト「福岡100」。 今回はその一環として先日行われたウォーキングイベントに僕も参加させて頂いたので、その話を中心に、幾つかお話させてください。 通勤時、1駅分歩くだけ歩いてみよう 今年10月に、一般から募集した参加者の皆様と一緒に、地下鉄赤坂駅から地下鉄天神駅まで歩く「通勤プラス1ウォーキング」のイベントに参加させて頂きました。 「通勤プラス1ウ

        • 若年性アルツハイマー型認知症の私が天職に出会うまで ―下坂厚インタビュー

          「若年性アルツハイマー型認知症」とは、65歳未満で発症する認知症です。下坂厚さんもまだまだ働き盛りの40代に認知症であることが診断されたとのこと。下坂さんが認知症になった当時のことから、仕事や趣味を楽しみながら暮らしている現在に至るまで、ご本人の体験談を伺いました。 人生の半分を占めていた仕事ができなくなる −2019年46歳の時に認知症になったということですが、当時について教えてください。 大手鮮魚店で20数年働いた後、2019年4月に仲間たちと新しい鮮魚店を立ち上げ

          • わたしとたるとの10の誓い ~ 朝長美桜が綴る愛犬へのレター ~

            皆さん、はじめまして。 朝長美桜です! 私は、愛犬 パグの男の子 "たると"と一緒に二人暮らしをしています😊 今回は、ペットを適切に生涯育てる大切さを訴求している福岡市さんからお話をいただいて、私は、たるとについて書いていこうと思います🐶 私自身、たるとを迎えて生活が豊かになって、そして体も心も健康になりました。 もちろん、大変なことも沢山あります。 この投稿では、ペットの飼い主さんやこれからペットを迎え入れようと思っている方々に、ペットを迎え入れる責任を多くの方に

            ランニングが街の安全に役立つ?一石二鳥の「パトラン」に参加しました!

            はじめまして。 太田江莉奈です。   今回、人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市さんのプロジェクト「福岡100」に参加させていただくことになりました。   今回のテーマは「ボランティア活動」、そして私が参加させていただくのはズバリ、 "パトラン"です! その体験記をここに記します。   そもそも"パトラン"とは、何ぞやというと、街をランニングしながらパトロールをするボランティアのこと。 「パトロール×ランニング」 略して「パトラン」です。 認定NPO法人

            女優・予防医学の研究者として活躍!いとうまい子さんに聞く認知症介護の漠然とした不安から抜け出すアクション

             女優を続けながら、新しいフィールドで活躍するいとうまい子さん。最近は運動器症候群(通称:ロコモ)を予防するロボットの開発を行うなどで話題を集めています。オリジナリティ溢れる発想をもち、高齢化対策の新しい道筋を作っているいとうさんに人生100年時代の認知症介護に備えるヒントを伺いました。 社会課題の解決に挑む −将来の不安要素のひとつでもあるロコモについて、私たちがまず知っておくべきことはありますか? 人の筋力は20歳がピーク。「自分の筋力はまだまだ大丈夫」と思っている方

            森保まどか、朝食1週間チャレンジ

            おはようございます!森保まどかです。 皆さんは毎日朝食を食べていますか? なんとなく朝食を食べると「元気な1日が過ごせそう」「健康な体になれそう」などとぼんやり良いイメージはあるものの、毎日忙しい私たちのこと。 始業の合図や電車の時間に遅れないよう家を出るだけでも精一杯で、優雅に朝ごはんを作って食べる余裕なんてなかなかありません。 私だって気が向いた時にバナナやゼリーで軽くお腹に入れるくらいで、毎日きちんと食べていた!と言い切れるのはせいぜい中学生まで。 近年は朝ごは

            「90 歳の⽬標は、朝ドラの名物じいさん」 関根勤さんが語る ⼈⽣ 100 年時代の働き⽅とは?

            中学 2 年から変わらないお笑い愛 ー50 年近くタレント活動を続けていらっしゃる関根さんですが、お笑いに⽬覚めたのはいつ頃ですか? 中学 2 年から友達とモノマネの研究を始めて、他校の⽂化祭に⾶び⼊りで参加して芸を披露したりしていました。19 歳の頃には「⽬⿊五⼈衆」というお笑いグループを結成して、 2 年ほど活動もしましたよ。 ーその後 21 歳で芸能界デビューをされますが、きっかけはバラエティ番組への出演だったそうですね? せんだみつおさん司会の番組

            初めてのエンディングノート、終わりを考えたら今日が見えた。

            わたしの「終わり方」の理想 福岡市さんよりいただいたエンディングノートをきっかけに、わたしのこれまでとこれから、そして最期について初めて、考えてみた。 いま、この瞬間にも世界中のどこかで、赤ん坊が大きな産声と共に生まれてきている。それは、ここ福岡でかもしれないし日本の裏側にあるペルーでかもしれない。 そしてまたどこかで、命を終えている人もいる。 特に訳があるわけでもない。けれど、中学生の頃から、お風呂でのぼせそうになる度に発作的にこんなことが頭をよぎる。もしかしたら、自

            人生の生きがい・やりがいにつながる、シニアの「ゆるやかな起業」のススメ

            初めまして。 『福岡100』note公式ライターの城内もも子と申します。 起業家の事業拡大を支援する㏚プロデューサーとして活動しています。 福岡在住31年、福岡をこよなく愛する私ですが、先日『福岡100』の活動の一つとして開催された、シニア起業をテーマにしたセミナーに参加してきましたので、このnoteではシニア起業のポイントやアドバイスについてお伝えしていきます。 今のアラカン世代(60歳代前後)は気力・体力共に充実していて、仕事に必要な経験も豊富です。 しかし、国の調査

            福岡市プロジェクト「福岡100」noteはじめます

            ・noteはじめますはじめまして、福岡100公式note編集部です。 今回、みなさまへ福岡市のプロジェクト「福岡100」に関する情報を新たな形でお届けしたくnote上でアカウントを立ち上げました。 このnote立ち上げのお話の前に、私たちの「ミッション」についてお話したいと思います。 ・福岡市はこのまま「元気な街」でいられるか? 「福岡市は勢いがある、元気な街だ」 こんな嬉しい言葉を市内外の方からたくさん頂きます。 令和2年の国勢調査では、人口増加数、増加率ともに政令指定都