福岡100公式

人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市プロジェクト「福岡100」公式…

福岡100公式

人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市プロジェクト「福岡100」公式noteへようこそ。ここでは福岡ゆかりのクリエイターやタレント等、アクティブに活動する多彩な方々の福岡100プロジェクトの体験記やコラムなどを綴ります。「福岡100」WEBサイトもチェック!

リンク

マガジン

  • #100年恋しよう

    私たちが向かう人生100年時代。 自分らしく暮らす秘訣は、 いつでもいつまでも、恋するように何かに夢中になること。 このマガジンでは、福岡のまちでイキイキ過ごす人々へのインタビューを通して、自分だけの人生100年を見つけるヒントをお届けします。

記事一覧

障がい者施設商品のアンテナショップ「ときめきショップ」でARNEアンバサダー大戸ちえさんがお買い物!

西鉄薬院駅直結の「ときめきショップ」では、福岡市内54の障がい者施設で作られたお菓子や雑貨、アート作品などが販売されています。二児の母でもある大戸さんが予算5,000…

福岡100公式
9か月前
41

松隈ケンタとパラシュート部隊が深掘り!今こそ「がん検診」へ行こう

一般的な健診とは違い、職場などで受診する機会の少ない「がん検診」。その大切さを広く伝えるため、福岡市ではさまざまな取り組みを行っています。受診啓発の一環で制作さ…

福岡100公式
10か月前
20

【#100年恋をしよう -セカンドライフ編-】親子での会話を通して、自分らしい高齢期の過ごし方を考える

今は元気に過ごしていても、いつかは迎える高齢期。 後悔のないよう準備はしておきたいですが、実際に終活(※)を始めるには、何かきっかけがないと難しいもの。 62歳の城…

福岡100公式
10か月前
9

【#100年恋をしよう -仕事編-】大切な思いを花で伝えるお手伝いがしたい

一つの会社で働き続ける人、 転職してキャリアアップを目指す人、 定年退職後に新しい仕事を始める人。 仕事の選び方や働き方は人それぞれですが、天職を見つけることはそ…

福岡100公式
10か月前
11

福岡フォトウォーク!天神・大濠公園編【写真家 Rinco Koyamaさん】

こんにちは。写真家のRinco Koyamaです。 この度、福岡100公式noteの企画にて、福岡市中央区の「天神・大濠公園エリア」をフィルムカメラを持ってフォトウォークしてき…

福岡100公式
11か月前
37

「楽しいって深い」クリエイターが語る「長生き」について【銀ソーダ×松隈ケンタ対談】

今回登場していただくのは、アーティスト・銀ソーダさんと音楽プロデューサーの松隈ケンタさん。福岡を拠点に精力的に活動しているお二人が、「人生100年時代を自分らしく…

30

【#100年恋をしよう -健診編-】定期的な健診と、夫婦間での体調共有を欠かさないこと

こまめな体のメンテナンスや定期的な健康診断は、年を重ねれば重ねるほど重要になります。仕事や家事に追われて病院に行く時間がとれないという人も多い中、渕上さん夫婦は…

11

【#100年恋をしよう -ボランティア編-】人の役に立つことが、また他の誰かの幸せへとつながるように

どう始めればいいのかよくわからない「ボランティア」も、少しアンテナを広げると、多種多様な活動があることがわかります。まずは身近なものから参加することで、日々の暮…

11

【#100年恋をしよう -朝食編-】朝食から始まる健康でハリのある毎日

元気な体づくりに欠かせない毎日の食事。 中でも朝食は、1日を気持ちよくスタートするための重要なエネルギー源。明るくはつらつとした大曲さん夫婦は、毎朝しっかり朝食を…

8

俳優/声優・株元英彰さんと考える「歯とお口のケア習慣」

さわやかな笑顔が印象的な俳優・声優である株元英彰さん。今回は、日頃から魅力的な声づくりに気を配っている株元さんを迎え、口腔ケアにまつわる様々なお話を伺いました。…

30

岡澤アキラが実践!「進化系ウォーキング」のススメ

皆さん、毎日歩いていますか?岡澤アキラです! 人生100年時代に向けた様々なアクションを提案、そして実践する福岡市のプロジェクト「福岡100」。 今回はその一環として先…

24

若年性アルツハイマー型認知症の私が天職に出会うまで ―下坂厚インタビュー

「若年性アルツハイマー型認知症」とは、65歳未満で発症する認知症です。下坂厚さんもまだまだ働き盛りの40代に認知症であることが診断されたとのこと。下坂さんが認知症に…

49

わたしとたるとの10の誓い ~ 朝長美桜が綴る愛犬へのレター ~

皆さん、はじめまして。 朝長美桜です! 私は、愛犬 パグの男の子 "たると"と一緒に二人暮らしをしています😊 今回は、ペットを適切に生涯育てる大切さを訴求している福…

98

ランニングが街の安全に役立つ?一石二鳥の「パトラン」に参加しました!

はじめまして。 太田江莉奈です。   今回、人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市さんのプロジェクト「福岡100」に参加させていただくことになりました…

85

女優・予防医学の研究者として活躍!いとうまい子さんに聞く認知症介護の漠然とした不安から抜け出すアクション

 女優を続けながら、新しいフィールドで活躍するいとうまい子さん。最近は運動器症候群(通称:ロコモ)を予防するロボットの開発を行うなどで話題を集めています。オリジ…

68

森保まどか、朝食1週間チャレンジ

おはようございます!森保まどかです。 皆さんは毎日朝食を食べていますか? なんとなく朝食を食べると「元気な1日が過ごせそう」「健康な体になれそう」などとぼんやり…

129

障がい者施設商品のアンテナショップ「ときめきショップ」でARNEアンバサダー大戸ちえさんがお買い物!

西鉄薬院駅直結の「ときめきショップ」では、福岡市内54の障がい者施設で作られたお菓子や雑貨、アート作品などが販売されています。二児の母でもある大戸さんが予算5,000円で選んだ商品とは?お買い物の後は障がい者施設にも訪問し、魅力あふれるアートの制作現場を見学しました。 お役立ちアイテム満載の“家庭のコンビニ”店内にはクッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子をはじめ、ハンカチやピアス、スマホケース、箸置きなど、バラエティに富んだ商品が並びます。品数はなんと約1,000種類!ハン

松隈ケンタとパラシュート部隊が深掘り!今こそ「がん検診」へ行こう

一般的な健診とは違い、職場などで受診する機会の少ない「がん検診」。その大切さを広く伝えるため、福岡市ではさまざまな取り組みを行っています。受診啓発の一環で制作されたこちらの動画では、福岡出身の音楽プロデューサー・松隈ケンタさんがテーマソングを手がけました。 悪いところがあっても気づきにくいがんの怖さを、単語を構成する文字を並べ替えても正しく読めてしまう現象「タイポグリセミア」を活用して表現しています。 今回、松隈さん自身もがん検診を受診し、普段から親交のあるお笑いコンビ・

【#100年恋をしよう -セカンドライフ編-】親子での会話を通して、自分らしい高齢期の過ごし方を考える

今は元気に過ごしていても、いつかは迎える高齢期。 後悔のないよう準備はしておきたいですが、実際に終活(※)を始めるには、何かきっかけがないと難しいもの。 62歳の城戸 秀博さんもその一人で、日々の仕事に追われ、今後の人生について具体的に家族と話したことはまだないそう。次男の暢さんとの会話を通して、高齢期の過ごし方や家族のことについて考えました。 ※終活とは、元気なうちから人生の最終段階までの過ごし方について自ら考え、準備すること。 家族で集まっても、なかなか自分の話をし

【#100年恋をしよう -仕事編-】大切な思いを花で伝えるお手伝いがしたい

一つの会社で働き続ける人、 転職してキャリアアップを目指す人、 定年退職後に新しい仕事を始める人。 仕事の選び方や働き方は人それぞれですが、天職を見つけることはそう簡単ではありません。 大好きな花に囲まれながら、花屋で30年働く森 志津枝さんは、現在64歳。仕事が生きがいだと語る彼女に、60代になっても働き続ける理由について伺いました。 花に囲まれているだけで幸せな気分になる -現在の花屋で30年働かれている森さんですが、以前は何のお仕事をされていましたか? 一般企

福岡フォトウォーク!天神・大濠公園編【写真家 Rinco Koyamaさん】

こんにちは。写真家のRinco Koyamaです。 この度、福岡100公式noteの企画にて、福岡市中央区の「天神・大濠公園エリア」をフィルムカメラを持ってフォトウォークしてきました。 人生100年時代と言われる現代。 健康でいるために必要なのは「歩くこと」!ですね。 ということで、今回は「カメラを持って楽しくフォトウォークしてみよう」というテーマで人気のハーフカメラ、「Kodak EKTAR 35」を使ってお散歩しながら天神・大濠公園の何気ない風景を撮影してきました!

「楽しいって深い」クリエイターが語る「長生き」について【銀ソーダ×松隈ケンタ対談】

今回登場していただくのは、アーティスト・銀ソーダさんと音楽プロデューサーの松隈ケンタさん。福岡を拠点に精力的に活動しているお二人が、「人生100年時代を自分らしく生き抜くために必要なことは?」をテーマに、自身の活動について、ふるさと福岡への思いと、今を楽しむということ、未来の夢などについて語り合いました。 ■2人のこれまでと、ふるさと福岡への思い松隈:松隈です。よろしくお願いします。ところでここ(対談の会場:大學湯)は銀さんのアトリエですか? 銀:アトリエでもありますし、

【#100年恋をしよう -健診編-】定期的な健診と、夫婦間での体調共有を欠かさないこと

こまめな体のメンテナンスや定期的な健康診断は、年を重ねれば重ねるほど重要になります。仕事や家事に追われて病院に行く時間がとれないという人も多い中、渕上さん夫婦はお互いに声をかけ合い、ちょっとした体調の変化も見逃さないように心がけています。健康維持のために日頃気をつけていることや、ストレスをためないコツについて伺いました。 不調がある時は、こまめにかかりつけ医に相談する -お二人は現在どんなお仕事をされていますか? 雅史さん(以下、雅):私はガス製造・販売の会社の営業職で、

【#100年恋をしよう -ボランティア編-】人の役に立つことが、また他の誰かの幸せへとつながるように

どう始めればいいのかよくわからない「ボランティア」も、少しアンテナを広げると、多種多様な活動があることがわかります。まずは身近なものから参加することで、日々の暮らしをもっと充実させることができるはず。福岡を拠点に活躍するパラアスリートであり、ボランティアでの地域貢献も行う和泉さんに、自身の活動に対する思いと、その原動力について伺いました。 プロフィール 和泉かのこ / 身体障がい者水泳選手 1977年福岡市生まれ。交通事故で左足の機能に障がいを抱え、身体障がい者水泳へのチャ

【#100年恋をしよう -朝食編-】朝食から始まる健康でハリのある毎日

元気な体づくりに欠かせない毎日の食事。 中でも朝食は、1日を気持ちよくスタートするための重要なエネルギー源。明るくはつらつとした大曲さん夫婦は、毎朝しっかり朝食をとり、充実した生活を送っています。家庭菜園で育てた野菜を使い、栄養バランスを考えた食事を楽しんでいるお二人に、健康について日々心がけていることを伺いました。 朝食を食べないと、1日が始まらない-お二人は毎朝何時に起きますか? 恵子さん(以下、恵): 私は5時半くらいに起きて、体操したり、新聞を読んだり、1日のスケ

俳優/声優・株元英彰さんと考える「歯とお口のケア習慣」

さわやかな笑顔が印象的な俳優・声優である株元英彰さん。今回は、日頃から魅力的な声づくりに気を配っている株元さんを迎え、口腔ケアにまつわる様々なお話を伺いました。薬院にある「絹子歯科クリニック.」院長の永原絹子先生にもご参加頂き、セルフケアのコツやアドバイスも交えてお届けします。 「歯の矯正」時代に身につけたこと −まず、株元さんがお仕事で大切にしていることは何ですか? 株元:一番は健康管理ですね。その次に「耳心地のいい声」を出せるよう常に心がけています。僕は役の個性を作

岡澤アキラが実践!「進化系ウォーキング」のススメ

皆さん、毎日歩いていますか?岡澤アキラです! 人生100年時代に向けた様々なアクションを提案、そして実践する福岡市のプロジェクト「福岡100」。 今回はその一環として先日行われたウォーキングイベントに僕も参加させて頂いたので、その話を中心に、幾つかお話させてください。 通勤時、1駅分歩くだけ歩いてみよう 今年10月に、一般から募集した参加者の皆様と一緒に、地下鉄赤坂駅から地下鉄天神駅まで歩く「通勤プラス1ウォーキング」のイベントに参加させて頂きました。 「通勤プラス1ウ

若年性アルツハイマー型認知症の私が天職に出会うまで ―下坂厚インタビュー

「若年性アルツハイマー型認知症」とは、65歳未満で発症する認知症です。下坂厚さんもまだまだ働き盛りの40代に認知症であることが診断されたとのこと。下坂さんが認知症になった当時のことから、仕事や趣味を楽しみながら暮らしている現在に至るまで、ご本人の体験談を伺いました。 人生の半分を占めていた仕事ができなくなる −2019年46歳の時に認知症になったということですが、当時について教えてください。 大手鮮魚店で20数年働いた後、2019年4月に仲間たちと新しい鮮魚店を立ち上げ

わたしとたるとの10の誓い ~ 朝長美桜が綴る愛犬へのレター ~

皆さん、はじめまして。 朝長美桜です! 私は、愛犬 パグの男の子 "たると"と一緒に二人暮らしをしています😊 今回は、ペットを適切に生涯育てる大切さを訴求している福岡市さんからお話をいただいて、私は、たるとについて書いていこうと思います🐶 私自身、たるとを迎えて生活が豊かになって、そして体も心も健康になりました。 もちろん、大変なことも沢山あります。 この投稿では、ペットの飼い主さんやこれからペットを迎え入れようと思っている方々に、ペットを迎え入れる責任を多くの方に

ランニングが街の安全に役立つ?一石二鳥の「パトラン」に参加しました!

はじめまして。 太田江莉奈です。   今回、人生100年時代に向けたアクションを提案・実践する福岡市さんのプロジェクト「福岡100」に参加させていただくことになりました。   今回のテーマは「ボランティア活動」、そして私が参加させていただくのはズバリ、 "パトラン"です! その体験記をここに記します。   そもそも"パトラン"とは、何ぞやというと、街をランニングしながらパトロールをするボランティアのこと。 「パトロール×ランニング」 略して「パトラン」です。 認定NPO法人

女優・予防医学の研究者として活躍!いとうまい子さんに聞く認知症介護の漠然とした不安から抜け出すアクション

 女優を続けながら、新しいフィールドで活躍するいとうまい子さん。最近は運動器症候群(通称:ロコモ)を予防するロボットの開発を行うなどで話題を集めています。オリジナリティ溢れる発想をもち、高齢化対策の新しい道筋を作っているいとうさんに人生100年時代の認知症介護に備えるヒントを伺いました。 社会課題の解決に挑む −将来の不安要素のひとつでもあるロコモについて、私たちがまず知っておくべきことはありますか? 人の筋力は20歳がピーク。「自分の筋力はまだまだ大丈夫」と思っている方

森保まどか、朝食1週間チャレンジ

おはようございます!森保まどかです。 皆さんは毎日朝食を食べていますか? なんとなく朝食を食べると「元気な1日が過ごせそう」「健康な体になれそう」などとぼんやり良いイメージはあるものの、毎日忙しい私たちのこと。 始業の合図や電車の時間に遅れないよう家を出るだけでも精一杯で、優雅に朝ごはんを作って食べる余裕なんてなかなかありません。 私だって気が向いた時にバナナやゼリーで軽くお腹に入れるくらいで、毎日きちんと食べていた!と言い切れるのはせいぜい中学生まで。 近年は朝ごは